[PR]

トラック協会「寝不足か判断するのは難しい」

 6月から睡眠不足のトラックやバスの運転手は乗務できなくなった。事故防止のため、国が事業者に対し乗務前のチェックを義務化したからだ。ただ、運送業界からは「判断が難しい」との声も。講演会などを通じて、「質の高い睡眠」を求める動きもある。

 国は貨物自動車運送事業法などに基づく省令を改め、事業者が運転手を乗務させてはならない項目に「睡眠不足」を新たに盛り込んだ。睡眠不足のまま乗務を許可すれば、運行停止など行政処分の対象となる可能性がある。ただ、個人差があるため、睡眠時間の具体的な基準は定められていない。

 愛知県トラック協会専務理事の小池良さん(69)は「寝不足か判断するのは難しい」と話す。事業者からも「基準が明確でなく困っている」との声も多く寄せられているという。運転手の平均睡眠時間を把握して目安とすることなどを例示している。

 愛知県内で自動車部品などを運ぶ運送会社は、6月1日から乗務前の点呼で睡眠不足の確認を加えた。点呼業務もするトラック運転手の男性(50)は「点呼だけでは分からないときもある。日常的に顔色や様子を見て声をかけるようにしている」と話す。

 この運送会社では、睡眠の質を向上させる研修を今春から始めた。「睡眠不足での運転はあってはならない。ただ、必要な睡眠時間は人によって違い、勤務時間も違うので質も高めたい」と説明する。年3回予定し、運転手全員140人らを参加させるという。

 研修に参加した運転手の男性は、スーパーボールを使って血液の循環をよくするという方法を聞き、実践した。「眠る前に足の裏をほぐしたら次の日は体が軽かった」と話す。

 講演したのは一般社団法人「日本快眠協会」(名古屋市中区)。企業向けに睡眠についての研修などをしている。代表の今枝昌子さん(53)は「睡眠不足は病気とも密接に関係する重要なことなのに、知識が足りない人が多い」と指摘する。

 睡眠不足が借金のように積み重…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら