[PR]

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が虐待を受けて死亡したとされる事件で、結愛ちゃんは室内灯がない部屋で1人で寝起きしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。父親から毎日午前4時に起きて平仮名の練習をするように言われていたといい、警視庁は結愛ちゃんが薄暗い部屋で繰り返し文字を書いていたとみている。

 事件では、父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(25)が保護責任者遺棄致死の疑いで6日に逮捕された。捜査関係者によると、結愛ちゃんは雄大容疑者の実子ではなく、雄大容疑者と優里容疑者の間に生まれた弟(1)と4人暮らしだった。今年1月下旬に香川県から目黒区に転居してきて以降、結愛ちゃんは他の家族3人とは別の部屋で寝起きしており、家族で食事などに出かける際も暖房が切られた自宅に1人残されていたという。

 事件後、結愛ちゃんが平仮名で「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」などと記したノートが自宅から見つかっている。

 両親は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせたのに、病院に連れて行かずに放置。3月2日に肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。一方で、雄大容疑者は弟は病院に連れて行ったことがあったという。