[PR]

 静岡県島田市の大井川鉄道新金谷駅で9日、英国の人気キャラクターをモデルにした蒸気機関車(SL)「きかんしゃトーマス号」の出発式があった。黒煙を吐き、汽笛を響かせる雄姿が、訪れた親子連れや鉄道ファンらを楽しませた。

 式には作中でトーマスが走るソドー島の鉄道局長トップハム・ハット卿に扮した俳優も駆けつけ、テープカット。満員の560人を乗せた一番列車の出発を祝った。

 トーマス号運転開始5年目の今年は、10月14日までの週末や夏休み期間中に、新金谷駅―千頭駅間を1日1往復する。同社によるとおよそ10万人の乗車が見込まれ、日程によると抽選販売の競争率が10倍近くに達するという。

 横浜市から両親と訪れた小桜華凜さん(6)と瞬君(4)姉弟は、普段からトーマスのアニメを見ているといい、「トーマスに乗れてうれしい」と笑顔だった。(松田果穂)