[PR]

 沖縄県浦添(うらそえ)市議会は、市民が酒に酔って路上で寝てしまう「路上寝」の防止対策を県と県警に求める決議を全会一致で可決した。県内の議会で初という。

 浦添署によると、昨年度は管内で590件の通報があった。例年気温が高い6~9月に増え、署の関係団体から要請を受けた市議会が超党派で提案した。

 市も「路上寝しないさせない飲みすぎない」との垂れ幕を作製。交通事故や窃盗被害にあう恐れもあり、署幹部は「家まで意識と責任を持って帰って」。