[PR]

 卓球のジャパンオープン荻村杯の第4日は、北九州市立総合体育館で男女シングルスの準々決勝などがあり、男子の14歳の張本智和(エリートアカデミー)が、世界選手権2連覇中でリオデジャネイロ五輪2冠の馬竜(中)を4―2で破って準決勝に進んだ。

 張本は、立ち上がりの3ゲームを11―8、11―9、11―7で連取。第4ゲームは3―11、第5ゲームは2―11で奪われたが、第6ゲームは11―6で取って勝利をつかんだ。