[PR]

 光るキノコ「シイノトモシビタケ」が、神戸市の六甲山に姿を見せ、闇の中で緑色の淡い光を放っている。六甲山に移植されたシマサルスベリの古木に育ち、毎年、梅雨時になると幻想的な光を放つ。枯れたり生えたりを数日ごとに繰り返すという。(水野義則)