[PR]

 東海道新幹線の車内で9日夜、刃物を持った男が乗客を次々と襲い、男性1人が死亡、女性2人が重傷を負った事件。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された愛知県岡崎市の無職小島一朗容疑者(22)は、常日頃から「死んでやる」といった発言を繰り返していたという。親族らが10日、取材に応じた。

 親族によると、小島容疑者は小学校卒業まで、同県一宮市で両親と同居。ただ、中学生の頃から両親らと不仲になり、親族のつてで同市内の生活困窮者らを支援する施設で暮らすなどしていたという。埼玉や愛媛県の機械修理会社で勤務したのち、2016年秋から岡崎市に住む小島容疑者の80代の祖母らと同居。昨秋には祖母と養子縁組していた。

 同居後は祖母宅に引きこもった…

この記事は有料会員記事です。残り322文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。