[PR]

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日、「保護主義と闘い続ける」とうたった合意文書をまとめて閉幕した。しかし、同日午後に議長国カナダのトルドー首相がそれを発表した記者会見の直後、トランプ米大統領がトルドー氏の態度を「不誠実」と非難。「合意文書を承認しないよう指示した」とツイッターに投稿する異例の事態に発展した。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との交渉直前に、G7首脳間の合意をただちに撤回することもいとわないトランプ氏の姿勢があらためて浮き彫りになった。

 トランプ氏は米朝首脳会談のため、G7サミットを途中で切り上げ、カナダから空路でシンガポールへ向かう途中で投稿した。合意文書はG7首脳の間で直接、議論を交わした上で文言を調整したものだった。「保護主義と闘う」との言葉が、前回までのサミットを踏襲して盛り込まれた。

 トルドー氏は記者会見で、米国が安全保障を理由にカナダなどに発動した鉄鋼・アルミ製品への高関税措置について「カナダを侮辱するものだ」と批判。ただ、サミットについては「協力し続けることの必要性を際立たせた」「間違いなく成功」などと強調。全体としては、むしろトランプ氏との融和ムードを印象づけようとしていた。

 しかし、トランプ氏はツイッターで「(トルドー氏は)会談中は従順だったのに、私がいなくなった後、記者会見で『侮辱的だ』と言った。不誠実で弱虫だ」と投稿。「米国市場に押し寄せる輸入車への関税も検討している」と、5月下旬に打ち出した輸入自動車への高関税措置を発動する可能性をあらためて示唆した。(シャルルボワ〈カナダ東部〉=青山直篤)

こんなニュースも