[PR]

 走行中の東海道新幹線車内で9日夜、男女3人が刃物で襲われ男性1人が死亡した事件で、現場から刃物が少なくとも2本見つかっていたことが神奈川県警への取材で分かった。男性に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男のものとみられるリュックも、網棚に残されていたという。神奈川県警は、男が事前に複数の刃物を準備し、計画的に事件を起こしたとみて調べている。

 県警によると、愛知県岡崎市の無職小島一朗容疑者(22)は9日午後9時45分ごろ、新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で、会社員の梅田耕太郎さん(38)=兵庫県尼崎市=を刃物で切りつけるなどして殺害しようとした疑いがある。梅田さんは約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。20代の女性2人も襲われてけがを負った。

 現場からはナイフが1本と、折りたたみ式のなたのような刃物が1本見つかった。刃物のカバーのようなものも落ちていたという。

 小島容疑者は調べに対し、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

 新幹線は東京発新大阪行きで、小島容疑者は東京から名古屋までの自由席乗車券を持っていた。9日に東京駅で発券されたものという。「長野から出てきて東京駅で乗り換えた」と話しているという。