[PR]

 第41期朝日アマチュア将棋名人戦三番勝負(朝日新聞社主催、日本将棋連盟後援、日本アマチュア将棋連盟協力)の第2局が10日午前、静岡県伊豆市の旅館「鬼の栖(すみか)」で指され、挑戦者の渡辺俊雄さん(48)=札幌市中央区、公務員=が横山大樹(だいき)・朝日アマ名人(28)=札幌市白石区、会社員=に106手で勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。決着は午後に行われる第3局に持ち越された。

 渡辺さんは「途中よくなって勝てるかなと思ったけど、やっぱり大変でした。第3局は悔いのない将棋を指したい」、横山さんは「序盤で失敗して大きなリードを許した。その後も食い下がって難しくなったかなと思ったけど、どこまでいっても少し足りなかった。あと1局あるので気持ちを切り替えて臨みたい」と話した

 第3局も午後1時30分から。立会人は加藤一二三・九段(78)。棋譜は日本アマチュア将棋連盟のホームページ(http://amaren.la.coocan.jp/別ウインドウで開きます)で中継する。スマートフォン向けの将棋連盟ライブ中継でも見られる。(村上耕司)

こんなニュースも