[PR]

 10日にシンガポール入りした北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、中国国際航空の飛行機を使った。正恩氏には専用機があり、5月の中国・大連訪問でも使ったが、今回のように直線距離で約4800キロに及ぶ長距離飛行は経験がないとされ、安全性への懸念などから中国の大型旅客機を利用したとみられる。

 正恩氏が乗ったのは、中国国際航空のボーイング747型機。航空機の航路を追跡するウェブサイト「フライトレーダー24」によると、同機は10日早朝に北京を出発して平壌へ。平壌を午前8時半に出発し、中国上空を南下してシンガポールに向かった。

 同ウェブサイトによると、同日昼前には平壌から旧ソ連が開発したイリューシン機もシンガポールに向かった。長距離ジェット機「イリューシン62型」の改良型とされる正恩氏の専用機「チャンメ(おおたか)1号」とみられる。

 北朝鮮は同機を30年以上前に購入しており、老朽化や安全性への懸念、輸送力の不足などから、今回は正恩氏は中国の大型旅客機を使い、専用機には随行員らを乗せたとみられる。(シンガポール=武田肇)

こんなニュースも