[PR]

 石川県白山市の製紙会社「中川製紙」工場内の再生紙をつくるタンク内で男性社員3人が死亡した事故で、白山署は10日、司法解剖の結果、3人の死因を急性硫化水素中毒と発表した。署はタンク内に高濃度の硫化水素が発生した原因や同社の安全管理体制について調べを進めている。

 事故は6日未明に発生。古紙と水、希硫酸などを混ぜて再生紙をつくる深さ約5メートルのタンク内で倒れていた丸谷圭一さん(57)、飯田弘さん(49)、中村健司さん(27)が亡くなった。

 硫化水素は無色のガスで刺激臭があり、高濃度で吸うと意識混濁や呼吸マヒの症状が現れる。今月1日には大阪府内の中学校で硫化水素を発生させる実験をしていた生徒2人が頭痛や吐き気を訴え、病院に搬送された。