[PR]

1985年・決勝

 「先発しないのなら試合に出ません」。宇部商のエース田上は決勝前夜の宿舎で、むちゃを言った記憶がある。「5番レフト」と告げられたか、その可能性もあると言われたのか。「玉国監督にはそんなこと言えんから、藤井コーチと話したんかもしれん」

 小学時代からPL学園にあこがれ、実際に対戦し、清原と接点ができた。再戦したいと願い、その夢が決勝で実現する。「これは運命やと思った。それなのに……」

 1年秋からエースだから、外野…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら