[PR]

 11日午前6時半ごろ、那覇市の南約120キロの海上で、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機が墜落した。搭乗していたパイロット1人は緊急脱出し、航空自衛隊のヘリに救助された。足を骨折しているが、命に別条はないという。事故を受け、沖縄県は同型機の飛行停止を求めた。

 防衛省や嘉手納基地によると、F15は他の6機とともに訓練中だった。空自那覇救難隊のヘリコプターがパイロットを救助し、本島中部の米軍の病院に運んだ。

 小野寺五典防衛相は報道陣に「飛行の安全をしっかり求めていきたい。日本も使っている飛行機であり、原因について詳細な報告を受けたい」と話した。沖縄防衛局は、米軍に情報提供と安全管理の徹底、再発防止を申し入れた。

 県には午前8時15分ごろ、米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら