[PR]

 非鉄金属大手の三菱マテリアルは11日、竹内章社長が引責辞任すると発表した。昨秋以降、子会社5社で品質データの改ざんが相次いで発覚したのに加え、今月8日、本社の直島製錬所(香川県直島町)でも日本工業規格(JIS)を逸脱した製品を規格を満たした製品として出荷していたことが発覚した。

 竹内氏は取締役会長に就任。後任社長には小野直樹・副社長が就く。