[PR]

 日本サッカー協会は11日、6日に名古屋市で行われた天皇杯全日本選手権2回戦のJ1名古屋―JFL奈良クで、「審判による競技規則(ルール)の適用ミスがあった」とし、3回戦進出チームを決めるPK戦をやり直すと発表した。両チームとも協会の決定を受け入れたという。過去に例のない事態に、協会は「ジャイアントキリング(大番狂わせ)を前面に出して(大会を)プロモーションしながら、ミスが起こった。非はすべて私たちにある」と謝罪した。PK戦の実施日時などは未定。可能な限り同じ条件で、1人目のキッカーから蹴り直す。

 協会によると、試合は延長戦まで終えて1―1で決着がつかず。奈良クが、6人目までもつれたPK戦を5―4で制した。だが、奈良クの4人目のキックについて、主審は助走の際にフェイントを入れたと判断。競技規則に従い、「失敗」と判定すべきだったが、やり直しを命じ、キッカーは2回目も球を枠の中に蹴り入れた。奈良クの4人目のキッカーが失敗だった場合、2人連続の失敗。名古屋は4人目まで全員成功していたため、PK戦は4―2で名古屋の勝ちだった。

 試合翌日、外部からの指摘でルールの適用ミスが発覚。同協会は、ルール改正などを決める国際サッカー評議会(IFAB)と協議。その上で、11日に臨時の天皇杯実施委員会を開いた。委員20人のうち、大会主催者のNHK、共同通信社の代表を含む13人が出席し、▽名古屋の勝ち▽PK戦のやり直し▽当初の結果通り奈良クが3回戦に進む――の案で多数決を取った。(富山正浩)

こんなニュースも