[PR]

 30年で妻は強く、夫は弱く――。こんな調査結果を博報堂生活総合研究所がまとめた。家庭での決定権が夫から妻にシフトするなど、働く女性の増加を背景に、夫婦の力関係が大きく変化していることが浮かび上がった。

 調査は1988年から10年ごとに実施しており、今年は2~3月に東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に住む20~59歳の夫婦630組を対象に行った。

 家庭で最も決定権を持っている人について「妻」と答えた夫婦が30・3%で過去最高に。一方、「夫」との回答は30年前の72・4%から38・7%に下がり、過去最低となった。年代別に見ると、妻が30代以下の夫婦で初めて妻が夫を上回った。

 夫婦像については理想も現実も、夫・妻とも「友達夫婦」が最多となり、「亭主関白」とする夫は過去最低に。また、「配偶者がいないと暮らしていけない」と答えた夫の割合は67・1%で、妻の59・5%を上回った。

 回答した妻の専業主婦の割合は、30年前の53・9%から29・2%に減少した。三矢正浩上席研究員は「女性の活躍が進んで妻の経済力が上がり、夫が一方的に決める時代ではなくなってきている」と分析する。(牛尾梓