[PR]

 引きこもりの就職を支援する「人材ベンチャー」、社名は「UZUZ(ウズウズ)」、設立は2012年。この会社には、引きこもりやニートが月に100人ほど、新たにやってくる。

数学への未練 引きこもり 電話が怖い

 東京の、あるIT会社のエンジニア。20代後半の彼は、充実した日々を送っている。すてきな笑顔で、社内でのコミュニケーションもバッチリ。でも……。

 「2年前まで、引きこもりでした」

 北海道出身。学者になろうと東京の難関大学の数学科へ。「位相幾何学」を学び、そのまま大学院にすすむ。けれど、研究のテーマ探しでつまずく。教授、先輩、同期、だれにも相談できなかったのだ。「人見知りで話し下手。私の欠点、全開でした」

 院生2年の秋。彼は修士論文のテーマ発表会を、すっぽかした。みんなに合わす顔がない。数学への思いは断ち切れない。だから休学、引きこもった。アパートで、ずーっとパソコン。ときおり母が上京し、冷蔵庫を満たしてくれた。

 「あのころの私に、『働く』という選択肢はありません。親に何も言われなかったのが救いでした」

 親に携帯電話は持たされていた。たまに来るメールはほぼ見るだけ。めったに鳴らない電話が鳴ると恐怖を感じ、鳴りやむのを待った。だれとも話したくないんだ、放っておいてくれ。

 だが、彼が就職するきっかけも電話だった。

 引きこもって1年半、大学院か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら