[PR]

 野田聖子総務相は11日、東京都内で開いた政治資金パーティーで、今秋の自民党総裁選について「皆さんに薫陶を受けた中で得た様々な知見を、もっと発出したいと願っている。それを披瀝(ひれき)できるのは総裁選しかない」と述べ、立候補の意思を改めて表明した。

 野田氏はアベノミクスで円高が是正されたことなどを評価した上で、「アベノミクスは役割を果たした。次の時代に入っていかなければならない」とし、経済政策を転換する必要性を訴えた。前回総裁選で、安倍晋三首相の無投票再選をめざす官邸に推薦人を切り崩されたことを念頭に「前回は封じ込められたが、今回は堂々たる政策論争をしていく」とも強調した。

 パーティーでは、安倍氏と同じ派閥に所属していた森喜朗元首相が来賓としてあいさつ。「安倍さんと(総裁選を)やられるとちょっと困るが、大いに頑張れと言っている」とエールを送った。