[PR]

 勝敗が覆る可能性がある「明らかなミス」に、その場に居合わせた当事者は誰も気がつかなかった。

 試合翌日、アマチュアの3級審判員から「奈良クの4人目のキックには警告が与えられ、失敗で終わるべきではないか」と、日本協会に問い合わせが入り、事態が発覚。審判委員らが映像を検証するなどし、競技規則(ルール)の適用の誤りを認めるに至った。

 協会によると、奈良クの4人目は助走中に、片足で「ケンケン」のような動きを取った。1級資格を持つ主審は、これをフェイントと判断。IFABや協会の競技規則の解釈では、PK戦でのキッカーの「不正なフェイント」には、警告が与えられ、キックも失敗となるのが正しい。

 ただ、「競技規則を理解してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら