[PR]

 ホタルの里として知られる長野県辰野町でゲンジボタルの乱舞が最高潮を迎えている。70回目の「ほたる祭り」は16日からだが、一足先に見ごろを迎えた。

 ゲンジボタルを保護・増殖しているのは同町のほたる童謡公園。11日午後7時半、ゲンジボタルの光が一つ、二つ、ぼうっと浮かび始めた。8時を過ぎるころには一帯が光の乱舞。県内外から訪れた大勢の人たちが「こりゃすごい」「きれいね」「ほんとに無数」と感嘆の声を上げた。

 町産業振興課によると、ホタルの確認数は10日が6040匹、11日が6195匹。「ほたる祭り」は16日から24日まで。同公園への入場には協力金500円が必要。(依光隆明)