[PR]

 静岡県藤枝市の山中で成人女性の遺体が見つかった死体遺棄事件で、行方不明の女性看護師(29)の車に乗り込む様子が防犯カメラに残されていた2人組の男と一緒に、もう一人別の男がいる様子が付近の違う防犯カメラに映っていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、男3人と死体遺棄事件との関連を調べている。

 捜査関係者によると、女性看護師は5月26日午後6時ごろ、浜松市内のスポーツジムの駐車場で自分の車に乗車。直後に男2人が押し入るように乗り込み、そのまま車を発進させる様子がカメラに映っていた。その直前、ジムと同じ建物にあるパチンコ店のカメラに、同じ男2人が別の男と3人で歩いている様子が映っていたという。

 また、遺体の遺棄現場付近で女性看護師のものとみられるメガネや化粧品が見つかる一方、携帯電話や財布は見つかっていないこともわかった。県警は、女性の身元の特定につながる所持品を意図的に隠した疑いもあるとみて調べている。