[PR]

 12日朝、東京都新宿区大久保3丁目の交差点で乗用車が暴走して歩行者7人がけがをした事故で、現場近くにいた人が当時の状況を語った。

 現場近くの有料老人ホームで仕事をしていた40代の女性は、爆発音のような大きな音で事故に気づいた。外に出てみると、交差点近くの歩道に白い乗用車が乗り上げ、電柱にぶつかって止まっていた。電柱と車の間に人が挟まれており、「熱い、熱い」と声を上げていたという。近くにいた通行人が複数集まり、車にはさまれた人を助けようと車を押してどかしていたという。

 現場の交差点にいた男性(38)によると、大勢の人が渡っている横断歩道を突然乗用車が横切り、目の前で2、3人が吹き飛ばされた。直後に悲鳴があがったという。