[PR]

 12日午前8時35分ごろ、東京都新宿区大久保3丁目の都道交差点で、乗用車が横断歩道の歩行者をはね、男女7人が重軽傷を負った。警視庁は車を運転していた東京都町田市木曽東4丁目、会社員大野純一容疑者(52)を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。

 新宿署によると、車は赤信号で横断歩道を横切って交差点に進入。電柱にぶつかった後、歩道に突っ込んだ。はねられたのは26~56歳の男女で、3人が重傷だがいずれも命に別条はないという。大野容疑者は「赤信号で止まろうと思ったら、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。

 現場はJR高田馬場駅から南に約500メートル。事故当時は通勤時間帯で、オフィスビルに面した交差点は一時騒然となった。

 現場の横断歩道を渡っていた女性会社員(25)は、信号が赤なのに白い車が減速せずに突っ込んでくるのを目撃した。「イヤホンをしていても、衝撃音が聞こえた。人にぶつかってからさらにスピードが増したように見えた」。近くの有料老人ホームで仕事中だった40代の女性によると、歩道にある柱と車の間に挟まれている人が「熱い、熱い」と声を上げていた。複数の通行人が、挟まれた人を助けようと車を押していたという。