[PR]

 米朝首脳会談が始まったのは、米東部時間で午後9時すぎという「ゴールデンタイム」だった。米メディアも、両首脳の歴史的な対面を速報した。

 CNNとFOXニュースは、会談が始まる前から画面下に開始までのカウントダウンを表示。両首脳が会場のホテルに入ると、CNNは「歴史が始まった。二人が出てくるのを待とう」、FOXニュースは「まだ(この光景が)信じられない」。ABCは「米朝首脳の歴史的会談」とツイッターでライブ中継した。

 二人が顔を合わせて握手を交わすと、AP通信は「トランプと北朝鮮の金正恩が握手を交わし、シンガポールでの歴史的な核サミットが幕を開けた」と速報を流した。

 両首脳が笑顔で言葉を交わす姿に、ABCとCNNのスタジオのキャスターらは「何語でしゃべっているんだ?」「トランプは北朝鮮の言葉は話せないはずだから、金正恩が英語を話しているはずだ」「金正恩はスイスで教育を受けたのだから、ある程度英語はできるのだろう」などと話した。

 FOXニュースは、トランプ氏が正恩氏を「ロケットマン」と呼んだり、「(北朝鮮は)炎と怒りを受ける」などと脅したりした映像とともに振り返り、「どうやってここから会談にまでこぎ着けたのか」と会談までの「急展開」を振り返った。

 NBCに出演したオバマ前政権の大統領副補佐官ベン・ローズ氏は「通訳を交えただけの二人きりの会談には大きなリスクがある。二人が部屋を出てきた時に違うことを言い出す可能性がある」と懸念を示した。(ワシントン=宮地ゆう