[PR]

 東京・お台場に、一風変わった美術館「森ビル デジタルアート ミュージアム」が6月21日、オープンする。森ビルが、デジタル技術を用いたアート作品を制作する「チームラボ」と共同でつくった。静かに作品を鑑賞するのではなく、作品の間をかき分けて歩いたり、作品の上を跳びはねたりして、アートを「体感」できるのが特徴という。「ライバルは東京ディズニーランド」「おそらく世界初のデジタルアート専門美術館」(森ビル広報)と鼻息は荒い。オープン前に特別に中を見せてもらった。

     ◇

 東京都江東区のりんかい線東京テレポート駅から歩いて数分。お台場パレットタウンの大観覧車の近くにミュージアムはある。サッカー場約1.5個分に当たる約1万平方メートルの面積に50作品。とにかく歩き回ると聞いていたので、記者はジーパン、スニーカー姿で向かった。スマホに入っている歩数計の今の数を確認して中に入る。

 チケットカウンターの先にある…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも