[PR]

 橋本市の柱本地区にある「芋谷の棚田」で12日、柱本小学校の5年生の児童や、柱本幼稚園の園児らが田植え体験を行った。

 5年生はふるさと学習の一環で、地元の住民などでつくる柱本田園自然環境保全会の協力を得て行われた。児童らは稲作などについて学んだ後、水田に入り、指導を受けながら、四角の枠にそって、手で丁寧に苗を植えていた。

 5年生の一人は「初めてやったけど冷たくて気持ちよかった。田植えが大変なのが分かった」と話していた。(鈴木芳美)