[PR]

 10日の知事選で初当選した花角英世知事(60)は12日、県庁に初登庁した。県職員らに訓示をし、記者会見では原発や交通政策について語った。

 花角氏は午前11時前に県庁に到着。正面玄関で職員ら約600人に拍手で迎えられ、職員から花束を受け取った。県庁に入って当選証書を受け取ると、「まさに始まったな、という感じだ」と語った。

 午前11時半には、県幹部の庁議に参加。「県庁は新潟県の大切な財産。財産が輝くかどうかで新潟県の姿は変わっていく。とにかく部下の話をきいてあげてほしい。話を聞くことで、何か生まれる物がある」と呼びかけた。午後には県庁職員約200人にあいさつし、「大胆な発想と緻密(ちみつ)な実行。この姿勢で仕事に当たってほしい」と話した。

 花角知事は選挙戦で、県が進め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら