[PR]

 史上初の米朝首脳会談に臨んだトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長らが出席した12日のワーキングランチには、西洋料理と朝鮮料理、ホスト国のシンガポール料理が合わせて用意された。

 ホワイトハウスがメニューを発表した。

 前菜はアボカドサラダを添えたエビのカクテルのほか、朝鮮の宮廷料理として知られるキュウリのキムチ、マレー風のグリーンマンゴーサラダが用意された。メイン料理はポテトグラタンを添えた牛のコンフィや「テグジョリム」という朝鮮風のタラの煮込み料理、シンガポール風の酢豚と揚州チャーハンだった。デザートはチョコレートタルトやチェリーソースをかけたハーゲンダッツアイスクリーム、そして南仏の菓子トロペジェンヌが用意された。

 トランプ氏の好物として知られるステーキやハンバーガー、正恩氏が南北首脳会談の際に用意した平壌冷麺などはなかった。

 昼食会には両首脳のほか、米側からポンペオ米国務長官やケリー大統領首席補佐官ら、北朝鮮側から金英哲党副委員長、李洙墉党副委員長、正恩氏の実妹である金与正氏らが出席した。

こんなニュースも