[PR]

 サッカー元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会での日本の1次リーグ突破について、欧州の名監督を引き合いに「(ジョゼ)モウリーニョ氏や(アーセン)ベンゲル氏が指揮しても、非常に難しい」と述べた。AFP通信が11日伝えた。

 2002年日韓大会で日本を16強に導いたトルシエ氏は「初戦がポーランドなら違ったかもしれない。しかし第1戦がコロンビア、第2戦がセネガルではチャンスはないだろう」と予想。その理由を「コロンビアとセネガルにはどんなときでも、3~5人の違いをつくれる選手がいる」と述べ、個としての能力差を挙げた。

 ハリルホジッチ氏を解任した日本協会については「プレッシャーにさらされている。1次リーグを突破できなければ失敗」と指摘し、一方で「運や審判の判定は必要だが、カップ戦には時々サプライズも起こり得る」と期待もかけた。(時事)