[PR]

 7月4、5日にタイ・バンコクで開かれる陸上競技の第3回ユースオリンピック競技大会のアジア地区予選大会に、苅田町立苅田中出身で東福岡高2年の出口晴翔(はると)君(16)が日本代表選手として出場する。11日、同町役場を訪れ、遠田孝一町長に報告した。

 出場種目は男子400メートル障害。1年生でインターハイに出場し、その時の記録が52秒56と、全国の学年ランキングで1位だったという。その後、52秒03と自己記録を更新している。バンコクでの予選大会には国内から男女20人が出場する。

 小1の時に地元の陸上クラブ苅田与原RCで陸上を始め、障害を始めたのは小5から。中学3年の時には、全国大会の男子100メートル障害で2位に輝いている。

 出口君は「優勝を狙える位置な…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら