遺体にやけど痕、臓器も萎縮 乳児殺害容疑で父親再逮捕

[PR]

 東京都足立区の自宅で生後約2カ月の長女を殺害したとして、警視庁は12日、父親の小林幸輝容疑者(20)を殺人容疑で再逮捕し、発表した。遺体には30カ所以上のあざや、背中にやけどの痕があり、虐待を受けた子どもに見られる、免疫に関わる臓器「胸腺」の萎縮も確認された。同庁は虐待が常態化していたとみて調べている。小林容疑者は黙秘しているという。

 捜査1課によると、再逮捕容疑は2月25日朝、自宅で長女の心愛(のあ)ちゃんの鼻と口を手で塞いで殺害したというもの。司法解剖で死因は不詳だったが、医師の所見などから窒息死の疑いがあるという。遺体には、あざややけどの痕、胸腺の萎縮があったほか、足の裏や唇の皮の一部がはがれ、口の中がただれていた。また、1カ月健診時の体重は約4キロだったが、死亡するまでの増加は約100グラムだったという。

 小林容疑者は心愛ちゃんに対する傷害容疑で3~4月に2回逮捕されていた。最初の逮捕の際は「なかなか寝ずに泣くので、いらいらして殺した」などと説明していたが、その後、黙秘に転じた。小林容疑者は妻と心愛ちゃん、心愛ちゃんの兄の男児との4人暮らし。足立児童相談所によると、事件以前に児相と一家の関わりはなかったという。