[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)のもと、不妊手術が強制された問題について、岩手県は今月下旬から医療機関での手術件数や、資料の有無を調査することを決めた。歯科を除く病院や診療所、障害者支援施設、児童養護施設など計1074施設を調査し、実態を把握する。

 旧厚生省が公表している統計では、同法に基づいて手術を強制された人は全国で1万6475人、県内では284人とされる。

 一方、健康医療の統計資料である衛生年報には、50~62年に強制不妊手術と考えられる362件の記載があり、旧厚生省の統計と異なる。県子ども子育て支援課は「当時どのようにカウントしていたか分からず、大きな差が出ている原因も不明」としている。

 旧厚生省の統計は都道府県から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら