[PR]

 行方不明になった人などを捜索する警察犬の出動が急増している。認知症などで行方不明になる高齢者が増加していることも一因にある。一方、県内の警察犬の頭数は10年前から変わらないまま。犬への負担が大きくなるなか、神奈川県警は訓練内容などを模索している。

 昨年11月、冷え込みが厳しくなってきたある日、川崎市内で90代の女性が行方不明になった。午前11時半に姿を消してから約5時間が経過。捜索していた沢田拓士巡査部長(31)とラブラドルレトリバーのバリー号は、女性の自宅から70メートルほど離れた民家のガレージで女性を発見した。真っ暗な中、駐車中の車の下に潜り込んでいた。女性は認知症を患っており、なぜ自分が車の下に入ったのか覚えていないという。沢田さんは「誰も気づかないまま車を発進させていたら、大変なことになっていた」と振り返る。

 警察庁によると、全国で認知症またはその疑いによる行方不明者数は、2012年の9607人から年々増加しており、16年には1万5432人にのぼった。県内でも同様に増加傾向にあり、県警によると、捜索にあたる警察犬の出動件数も併せて増えているという。警察犬が高齢者の捜索にあたった件数は、07年に70件だったが、17年には4・8倍の336件になった。

 しかし、県警が直轄する警察犬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら