[PR]

 平昌(ピョンチャン)五輪のフィギュアスケートで優勝した羽生結弦選手から、同じ「はにゅう」の縁で「羽生市かってに応援団」を作って応援してきた埼玉県羽生市に、感謝の気持ちを込めたチョコレートが12日に届いた。

 金メダルをかたどったホワイトチョコは12枚。五輪の写真にサイン、「応援ありがとうございました!」とのメッセージカードとともに、金色の箱で届いた。

 「応援団」はメンバー4人が平昌にも駆けつけ応援。メンバーでもある河田晃明市長宛てに届いた「お礼」に市長は「驚いている。そして羽生市を知ってもらえうれしい」。食べてしまっていいものか、約50人いる応援団メンバーと相談して決めるという。(高橋町彰)