[PR]

 リーグ戦、ルヴァン杯、天皇杯と連戦が続き、ある程度の結果を出せています。今、チームの雰囲気は練習中からとてもいい状態です。ピッチでプレーしている選手も感じていると思います。

 この数試合、攻守においてアグレッシブに仕掛けるところ、状況に応じてブロックを作って迎え撃つところの使い分けが、以前に比べてとても整理されているように思います。

 大きく二つの理由があります。一つはチームがコンパクトに戦う意識が強くなった点です。DFラインがラインを高く保つことによって、前線の選手がタイミングよくプレスをかけています。以前はラインを高くすることだけに意識が行きがちで、ロングボールで失点してしまうことがありましたが、ラインの高さだけでなく、走り出す相手の選手やそこに配球をしようとする選手の状況を把握して対応できています。DFラインの安定があるからこそ、前線の選手がちゅうちょすることなくプレスをかけています。

 二つ目の理由がボールの保持の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも