[PR]

岩井志麻子さん(作家)

 岡山県の田舎町で育った私は、ヒデキ(西城秀樹)を追いかけコンサートに通うほどのファンではありませんでした。でも当時は、歌番組を見て「ヒデキッ」と叫んでいるだけで立派なファンと言えたのです。

 ヒデキ、ヒロミ(郷ひろみ)、ゴロー(野口五郎)の「新御三家」の人気が定着した1970年代前半、私は小学生でした。みんなが誰かのファンでクラス全員が歌番組を見ていた。翌日「3人のうち誰が好きか」で女の子同士、盛り上がりました。

 ヒロミが好きな理由は「かわいいー」だったし、ゴローの歌のうまさにひかれる子もいました。その中で私がヒデキを好きだった理由は、一番男というか、「オス」の匂いを漂わせていたからです。当時は子どもでその魅力を「エロさ」という言葉にはできなかったけど、自分が何にひかれるかを意識し、モヤモヤしていました。性のめざめの時期と重なっていたんです。

 エロさの源は、容姿やステージ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら