[PR]

 国際サッカー連盟(FIFA)や各大陸連盟の幹部らが12日、モスクワ市内のスタジアムで親善大会を行った。FIFAのインファンティノ会長自らも参加して行われた大会は、FIFA、各大陸連盟、ロシアの8チームに分かれてリーグ戦を実施。優勝を争った。

 2002年日韓大会で優勝した元ブラジル代表DFカフー、元ポルトガル代表MFフィーゴら往年の名選手も参加した。FIFAチームには、事務局で働く元クロアチア代表MFボバンや元オランダ代表FWファンバステンが出場。開催国ロシアでは、日韓大会で日本と対戦したMFカルピンが豪快なシュートを放つなど衰えない技術を見せた。

 大会はアフリカ連盟が決勝でPK戦の末、オセアニア連盟を破って優勝した。(モスクワ=河野正樹