[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日朝、シンガポールで12日に行われた米朝首脳会談を初めて報じた。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に米韓合同軍事演習の中止を求め、トランプ氏が「理解を示した」と言及した。トランプ氏は会談後に行った記者会見で、演習を控えたい意向を示していたが、こうしたやり取りは明らかにしていなかった。

 同通信によると、会談で正恩氏は、朝鮮半島に恒久的な平和体制を樹立する一歩として「相手を刺激し、敵視する軍事行動の中止」を要求。トランプ氏は両国の「善意の対話」が進んでいる間は米韓演習を中止し、安全を保障するとともに、関係改善が進むのにあわせて制裁を解除できるとの意向も表明したという。

 トランプ氏は会談後の会見で「我々は、北朝鮮との今後の交渉があるべき形で進んでいないと分かるまでは、『戦争ゲーム』をやめ、巨額の費用を節約する。(演習は)とても挑発的だ」などと述べ、演習の中断をほのめかしていた。

 また、同通信は、正恩氏が共同…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら