[PR]

 熊本市内でも最も古いラーメン店の一つで、65年にわたって親しまれてきた「松葉軒」(同市中央区妙体寺町)が、4月下旬の営業を最後に閉店した。

 松葉軒は1953年の創業。「こむらさき」(54年創業)などと並んで熊本ラーメンの最も古い店の一つとされる。やさしい味のとんこつ味スープが特徴で、オムライスなどのメニューもあった。

 店の関係者によると、店主の体調が悪化し、4月下旬から休業。5月中に閉店を決め、店のシャッターに「閉店のお知らせ」の貼り紙を出したという。(大畑滋生)

関連ニュース