[PR]

 13日午前7時半ごろ、福岡県久留米市田主丸町秋成のJR久大線の高取踏切(警報機、遮断機つき)で、久留米発うきは行きの普通列車(2両編成)が自転車に乗った男性と衝突した。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡した。男性は高校生とみられる。

 うきは署によると、踏切内に男性がいるのに気づいた列車の運転士が非常ブレーキを踏んだが間に合わなかったという。運転士は「警笛を鳴らしたが、男性は下を向いたまま動かなかった」と話しているという。署が事故の原因を調べている。

 JR九州によると、事故の影響で、上下線計2本が運休するなど約900人に影響が出たという。