写真・図版

[PR]

 東京都が12日の都議会に提出した受動喫煙防止条例案は、健康被害を受けやすい子どもや、勤務環境を選びにくい従業員らをたばこの煙から守ることに重点を置いた。都議会厚生委員会はこの日、条例案について意見を聞く参考人の招致を決定。27日の本会議で採決する見通しだ。

 受動喫煙対策は、小池氏肝いりの政策の一つ。今年4月に骨子案を発表し、条例案づくりを進めてきた。

 条例案でとくに厳しく規制する…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら