[PR]

 愛知県の半田、常滑両市は12日、半田病院と常滑市民病院の機能連携や経営形態などを検討する「医療提供体制等協議会」を設置したことを明らかにした。半田市が病院を常滑市民病院に近い半田運動公園(半田市池田町)に移転するため、共倒れを防ぐ狙いがある。7月12日に半田市役所で初会議を開く。

 設置は6月1日付。県健康福祉部保健医療局長や両市の副市長、病院長、医師会の代表、保健所長ら9人の委員で構成する。10月までに会議を3回程度開き、両病院の経営統合や診療科目の整理、病床数などの方向性を両市長に報告する方針だ。補助機関として、実務者レベルの作業部会を2週に1回程度開く。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/