[PR]

 世界で活躍するバイオリニストの五嶋(ごとう)龍さん(29)が13日、京都市西京区の京都市立芸術大を訪れ、音楽学部の学生に演奏指導をした。

 五嶋さんは米国ニューヨーク生まれ。7歳でコンサートデビューを果たし、ソリストとして世界の名オーケストラや名指揮者と共演してきた。米ハーバード大では物理学を学んだ。

 五嶋さんはメンデルスゾーンやチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を題材に、バイオリンを弾きながら指導。「楽譜の解釈は科学の実験に似ている。様々な弾き方のテストを続けるうち、だんだん答えがわかってくる」と助言した。

 演奏指導は、アジアと米国の音楽文化交流を進めるアジア・アメリカ現代音楽協会の活動の一環。(大村治郎)