[PR]

 工学部や医学部に進学する「理系女子」を増やそうと富山大学は、女子中高生らに理系の研究の魅力を伝える「スマート・ポリネーター」に同大大学院の女子学生4人を任命した。来年3月末までオープンキャンパスで相談会を行うなどして、理系進学を目指す女子学生の裾野を広げていく。

 スマート・ポリネーターは、男女共同参画を進めるためのキャッチフレーズとして同大が使う「スマート」と、花粉を運ぶ生物「ポリネーター」を組み合わせて名付けられた。

 4人は学内の公募・審査を経て選ばれた。そのうちの1人、理工学教育部生命工学修士1年の下平文香さん(23)は、アルバイト先の学習塾で中高生と接しているが、理系を選ぶ女子生徒が少ないと感じていたという。また、大学院進学の際には「家庭に入る年齢を考えると進学できない」と話す友人がいた。スマート・ポリネーターの活動を通して「科学って面白いし、女性もやりたいことを追求していいんだよと伝えたい」と意気込んでいた。(田島知樹)