[PR]

 南欧の小国マケドニアの国名使用にギリシャが反対している問題で、両国政府は12日、マケドニアの新国名を「北マケドニア」とする解決案に合意したと発表した。マケドニアでは今秋、国名変更の是非を問う国民投票を実施する予定。有効投票の過半数の賛成を得て正式決定すれば、ギリシャに阻止されてきた北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)への加盟に道が開かれる。

 今回の合意は12日、マケドニアのザエフ首相とギリシャのチプラス首相の電話協議後に発表された。ザエフ氏は同日、国民に向けて演説し、「国民投票が最終的な判断になる。将来のために『賛成』に投票しよう」と呼びかけた。ただし、言語は引き続きマケドニア語と呼ぶとしている。

 マケドニアの国名は、アレクサンダー大王で知られる古代ギリシャのマケドニア王国に由来する。1991年にマケドニアが旧ユーゴスラビアから独立して現在の国名にして以降、ギリシャ側は「マケドニア王国は私たちの歴史の一部だ」と猛反発し、マケドニアの国名使用に反対してきた。(ウィーン=吉武祐)

こんなニュースも