[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、トランプ米大統領が12日の米朝首脳会談で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に、米朝間で非核化に向けた交渉が続いている間は米韓合同軍事演習の中止に「理解を示した」と伝えた。非核化の確証が得られないなか、米政府のこれまでの方針を転換して正恩氏の要求に応じた。8月の米韓合同演習が中止になる可能性もあるが、東アジアの安全保障にかかわる問題だけに日本でも波紋が広がっている。

 同通信によれば、正恩氏が12日の首脳会談で「相手を敵視する軍事行動の中止」を提起。これを受け、トランプ氏が「(北朝鮮と)対話が行われる間、米韓合同軍事演習を中止し、北朝鮮に対する安全保障を提供する」との意向を示したという。

 トランプ氏は13日朝に帰国。会談では非核化の具体的な道筋はつけられなかったが、「大統領に就任して以来、誰もが今まで以上に安全を感じている。北朝鮮の核の脅威はもはやなくなった」とツイートした。

 トランプ氏は首脳会談後に行った12日の記者会見で、米韓軍事演習を「挑発的」と表現し、北朝鮮と交渉をしている間は、軍事演習を中止する意向を示唆した。韓国の軍事関係筋によれば、韓国政府は米韓演習中止の意向を事前に知らされていなかったという。韓国国防省は13日、「トランプ氏の発言の正確な意味と意図の把握が必要だ」とのコメントを出した。

 米韓演習は、朝鮮半島の有事に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら