[PR]

患者を生きる・スポーツ「アキレス腱断裂」(3)

 2015年12月に剣道の試合中にアキレス腱(けん)を断裂した、当時福島県立磐城高校2年生の倉嶋倫子(りんこ)さん(20)は、インターハイ出場をかけた約半年後の大会を目指して、リハビリに取り組んだ。

 通院先の見城(けんじょう)整形外科クリニックの理学療法士、上田良(うえだりょう)さん(30)は、打突で踏み込む際、足首だけでなく、脚全体を使って、腰から前に移動できるよう、もも裏の筋肉を鍛える方法を指導。剣道部の顧問だった梅津文隆(うめつふみたか)さん(39)は、自分から動かずとも、一本を取れる間合いに相手をいかに誘い込むかを、助言した。

 通院治療が終わったのは16年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら