[PR]

 第76期将棋名人戦七番勝負第6局では、昨年11月に71歳で亡くなった山形県村山市の駒師、村川邦次郎(雅号・秀峰)さんが作った駒が使われた。藤井聡太七段(15)の師匠の師匠と出会い、タイトル戦で使う高級駒の世界に入った村川さん。病気の体をおして完成させた逸品が、大勝負を引き立たせた。

 木地はしま模様の入った虎斑(とらふ)。書体は400年以上の歴史があると言われる水無瀬(みなせ)。文字を彫った跡を漆で埋め、さらに漆で盛り上げた。玉将の駒尻には雅号、秀峰の文字が刻まれている。18日夕、「選ばれた」と連絡を受けた妻、美知子さん(70)は自宅で仏壇に向かい、思った。「お父さん、良かったね。良いご褒美もらって」

 村川さんが高級駒に出会ったのは、1972(昭和47)年。名古屋市内のデパートで駒作りの実演をしている時、故・板谷進九段に見せてもらったという。

 天童周辺は当時、木地に漆で文…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら