[PR]

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は13日、政策金利の誘導目標を0・25%幅引き上げて「年1・75~2・00%」とすることを決めた。年内の合計利上げ回数の見通しは、従来の「年3回」から「年4回」に改め、次回以降で残り2回の利上げを見込む。

 追加利上げは3月以来、3カ月ぶり。米経済は失業率が歴史的低水準に改善するなど過熱気味で、景気を引き締める姿勢をやや強めた。ただ、米金利の上昇ペースが速まれば、新興国からの資金流出が進みやすくなるなどのリスクも伴う。

 声明では景気について前回の「緩やかに拡大」から「着実に拡大」と表現を強めた。FRBのパウエル議長は、会合後の記者会見で「投資は力強く伸び続けており、全体的に成長の見通しは良好なままだ」と強調した。

 好調な米経済を背景に、金融市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも